残念無念日記 2

オタモイ海岸

意味も無く折角だからと、次に向かったのはオタモイ海岸。
一応小樽積丹国定公園に指定されているエリアの一角(多分


子供の頃、チャリで釣りや海水浴へ出かけた場所。
ここに来るには、七曲がりとか呼ばれている道を降りる必要があるのだけれど、その名の通り急なカーブを7カ所クリアしないと辿り着かない。
案の定帰りの上り道では減速不十分で降りてきた軽カーと接触寸前になる始末。
(後からドラレコ画像を見ても怖かったw)


出来ればここは何分かおきの一方通行にしてもらっても良い位とは言い過ぎか?
でもそれ位の幅員とカーブ。


かつてはここに御殿らしきモノも建立され、その残骸を初めて目の当たりにして驚いたのも遠い記憶だが、流石に現在ではその痕跡すら残っておらずそれはそれで淋しい限り。





左(西)は積丹方面
20150818オタモイ3





前面にはかつての釣場。
遊覧ボートが…(>_<)
20150818オタモイ1





にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村







折角の海岸は、駐車場から先の方が崩落気味らしく海岸へすら降りれない様にゲートが設置されていた。
(実際は簡単に降りれる様にはなっていて・・・現にクルマ数台あって人が居ないw)



向うには唐門と見晴らし台が見える。
20150818オタモイ4






と言う事で遡る事11年前、親子3世代でここへ来たときの写真が見つかったので。(以下Canon S40)
小さな唐門まで崖伝いの細道を進むと辿り着く見晴らし台から駐車場側を。
海岸に続く道にクルマ、キャンプ用テントに加え、売店らしきモノも。

200408オタモイ1




見晴し台から崖に作られた祠。
200408オタモイ2

※私は勝手に見晴らし台と読んでますが、かつてはここに龍宮閣が建立されその跡地の様です。詳細はwebで。




断崖絶壁故、自殺の名所等と呼ばれていた事も思い出す。
200408オタモイ3





積丹方面を臨むとオタモイ地蔵が祭られている建物。
200408オタモイ4




既に当時から11年を経過し状況も変わっている様で先には進めなかったのですが、遊覧船もあり海上から眺める事は可能の様なのでいつか訪れたいと思う。
[PR]
by munen_mac | 2015-08-18 23:52 | 小樽 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://micmac2.exblog.jp/tb/24570963
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 純さん at 2015-08-19 22:12 x
ここいいっすね。

一枚目の左端のトンネルみたいなところ気になりますw
等倍で見てしまいましたw
ハイライトとシャドウの差が激しくて難しそうなシーンですね。雲が飛んでないのが素晴らしい。

北海道の海岸沿いってロマンがありますねぇ。φ(..)メモメモ
Commented by munen_mac at 2015-08-19 23:14
>純さん
一応地元と言う事であざーす。

等倍 ((((;゜д゜)))アワワワワ
ここで撮った写真もあったのですが、オヤジと子供の写真だったので…
トンネル内も普通に人も通れる場所なんですが、その前後が危険らしく残念でした。

あ、海沿い攻めますか!
道南は江差〜瀬棚、道央だと岩内〜積丹、道北にかけては増毛〜苫前〜手塩のオロロンラインがお薦めの様です。
瀬棚〜積丹ぐらいしか知らない道民ですので、夕陽のイメージで日本海側ばかりになってしまいました(>_<)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード